太陽光発電について

 ここ最近、ニュースなどのテレビ番組で、「太陽光発電」が盛んに取り上げられています。一体、どのようなものなのかを、解説します。

特徴

 一言で言えば、自分の家で、太陽の光から電気を作り、二酸化炭素(CO2)や光熱費を一気に減らせる装置のことです。この装置は、屋根に取り付けます(一部の機械は宅内などに取り付けます)。
 夜や暗いときの、日の光がない間は、電力会社から買うことになりますが、昼間の天気がよく、発電量が多い場合、電力会社に売ることも出来ます(これらのやりとりは、自動的に行われます)。



地球環境問題に大きく関わります

 地球環境問題の一つに、地球温暖化があります。人間が生活する際、例えば自動車を利用したり電気を使う=発電する時に、二酸化炭素などの温室効果ガスを発生させます。温室効果ガスが増えることにより地球全体で暖かくなり、北極の氷が溶けるなど、様々な弊害が起こっております。日本でも、海水が上がったり、猛暑や大雨が増える恐れもあります。昨今多い、「ゲリラ豪雨」も、もしかしたら温暖化と関わっているかもしれません。
 現代の人間が生活していく上で、二酸化炭素発生をゼロにすることは不可能ですが、減らすことは出来ます。温暖化を食い止めるには、照明のスイッチをこまめに切ったり、節水するなど、細かい努力も必要です。その一つの手段が、「太陽光発電」です。
 上記で書いたとおり、太陽光発電が発電する際には二酸化炭素などの温室効果ガスを一切排出しません。そのため、地球温暖化の抑制に繋がります。



世界中で普及しています

 無電化村にオリンピックを見せたいために国策で普及させた中国など、様々な理由はありますが、世界中で普及しています。日本と欧州では、環境への貢献として官民のバックアップで、北中南米では電力不足から、それぞれ普及していっています。


補助金も出ます

 決して、すぐに導入しようという金額ではないかもしれませんが、国や都県(東京都、神奈川県、埼玉県)、区市町村などから、補助金が出ます。
 地域によって大きく異なりますので、最新情報など詳細は、有限責任中間法人 太陽光発電協会 太陽光発電普及拡大センター(J-PEC)のWebサイトをご覧ください。

 また、補助金とは異なりますが、上記でも簡単に書きましたが、晴天時で、かつ電気をあまり使わなかったときは発電状況によっては、電力会社から買い取ってもらえます。

晴天時
使い切れなかった分は、電力会社に売電出来ます。
曇天時(朝夕)
朝夕の、日射量の少ないときも含みます。
夜間(悪天候時)
発電できない天候でも、電力会社から自動的に買電します。

黄色い矢印は電気の流れです。


どのような機械を設置する必要があるの?

 屋根にパネルを載せれば済むわけではなく、以下の機器類が必要です。

 名称設置場所役割
1太陽電池モジュール屋根太陽光のエネルギーを電気エネルギーに変換。
2 接続箱 屋内 1で発電した電気を1本にまとめ、3に送り込む。雷などの過電圧からも保護。
3パワーコンディショナー屋内1で発電した直流の電気を、家庭用の交流に変換。
4分電盤屋内3で変換された電気や、電力会社からの電気を家庭内の電気製品に送る。
5売電用メーター屋外使い切れなかった電気を電力会社売るためのメーター。
6買電用メーター屋外今までのように、電力会社から電気を買うためのメーター。
7パワーモニター屋内(居室など)オプション・これまで発電した電力量などを確認できる。



商品例(三菱 DIAMONDSOLAR・ダイヤモンドソーラー)・特徴

・「太陽電池モジュール」には“多結晶シリコンタイプ”採用で、低コストを実現。塩害地域にも標準対応、積雪には1.5メートルまで耐えられ、従来品よりも軽量。
 人工衛星の耐久性テクノロジーを、家庭用にも使っております。
・三菱独自の技術で、朝夕(日射量が少ない)や曇天時も高効率発電。
・「パワーコンディショナー」は、発電所で培ってきた三菱の技術で高効率変換。
 せっかく太陽電池モジュールの発電効率がよくても、パワーコンディショナーの効率が悪いと、台無しです。
・「エコガイドTV」により、発電状況が分かります(オプション)。
 ご自宅のテレビが、発電モニターになります。
・屋根に取り付ける際、「垂木固定」方式を採用。少ないネジでも設置強度を確保できます。
 少ないネジ=既存の構造への加工は最小限に抑えられます(加工が多いと、工事が増えたり、雨水の浸入や屋根への負担が増えて結露などが発生する可能性もあります)。


お問い合わせいただければ、メーカー担当者がお伺いし、現地調査させていただきます。