震災対策
について

水のくみ置きを習慣にしましょう  水道水をくみ置きする時は、清潔でフタのできる容器に、中に空気を入れないようにして、口元までいっぱいに水を入れます。直射日光を避ければ3日間程度は飲料用として使用できます。
 ただし、浄水器を通した水は塩素効果がないため毎日くみ替えること。くみ替えた水は、掃除や洗濯に使用する。
雨水を利用しましょう  水洗トイレ用水など、飲料水以外の生活用水を確保し、貴重な飲料水を節約する為に、雨水を利用しましょう。雨水を利用する装置として
    1.雨水貯留システム ガーデンオアシス
    2.レインポスト雨水利用システム
    3.雨水タンク200/300リットル
等があり、植木の水やり、洗車、外壁、窓ガラスの洗浄など、普段の水道水の節約にも役立ちます。
水道局の給水拠点を確認しておきましょう  大地震が発生し、断水になったときでも、給水拠点及びそこに設置してある応急給水槽から応急給水を受けることができます。ふだんから、いざという時の為に、自宅に一番近い給水拠点を確認しておきましょう。
 応急給水槽は、公園などの地下を利用しており、水槽の水は配水管との間を循環する仕組みになっていますから、常に新鮮な水が入っています。
 給水拠点の場所については、各地の水道局のホームページ等をごらんください。 生活環境リンク集 の「行政関係」の欄から「東京都」や「横浜市」の水道局へリンクできます。
1日に必要な水の量は3リットル。  人間が生命を維持するのに必要な水の量は、「成人で1日2.0リットルから2.5リットル」といわれています。水道局は飲料水の基本水量をこれに少し足した3.0リットルとしています。
避難の時は、水筒を忘れずに。  非常用の持ち出し品の中に、必ず水筒を含めておいてください。水筒は火に強く、煮炊きできるアルミ製のものが便利です。

前の画面へ戻る

お問い合わせはこちらをクリック→ お問い合わせ方法はこちら


株式会社辻井商会 ホームページ「水と環境」→ フロント