トイレが詰まったとき

 異物を流してしまったなどの結果、水が流れなくなってしまった場合、無理に押し込んで流そうとしたりせず、スポイト(別名:ラバーカップ など)を使います。

※ 図面・写真はイメージです

(1)スポイトを、便器の奥にゆっくりと押し込みます
(2)勢いよく引っ張ります
(3)水が引くまで、(1)(2)を繰り返します。

※ワンポイント=水が多くたまっている状態で(1)と(2)を繰り返した方が効果的です。



スポイトは、 各営業所 で発売しております。
また、商品の案内をこちらで行っております。

ご注意

○熱湯は流さないでください。陶器が割れたり、汚れを防ぐためのコーティング剤などがはがれ落ちてしまうおそれがあります。
○水が流れないからといって、更に水を流さないでください。
○特に、異物を流したわけでもないのに突然詰まってしまった場合は、排水管の異常などもあるため、スポイトを使っても、必ずしも水が引かない可能性もあります。何回かやっても水が引かない場合は、工事店などにご相談ください。


予防法

○タンクに、ペットボトルや瓶等を入れない
 あくまで、汚物が詰まらずに流れる量を設計した上での容量です。また、タンク内に異物を入れることで、タンクの内部金具が故障する原因にもなります。
○流すものは汚物とトイレットペーパー
 ティッシュペーパーや生理用品は水に溶けないため、流れません。トイレットペーパーを一度に大量に流すことも詰まりの原因になります。



一部にTOTOの取扱説明書の図面などを引用しております。

前の画面へ戻る

お問い合わせはこちらをクリック→ お問い合わせ方法はこちら


株式会社辻井商会 ホームページ「水と環境」→ フロント